残高証明書や運転記録証明書

こんにちは山梨サムライ新聞です。今回は帰化許可申請で必要になる銀行預金の残高証明書や運転記録証明書などについて書いて行きます。

山梨県での帰化申請窓口
  • 甲府地方法務局本局(山梨県甲府市丸の内1丁目1番18号)
  • 鰍沢支局(山梨県南巨摩郡富士川町鰍沢2543番地4)
  • 大月支局(山梨県大月市御太刀2丁目8番10号)

銀行預金の残高証明書

銀行預金の残高証明書は国籍法5条第1項の「自己または生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営む事ができること」を証明する手段の1つとして必要となります。

一般的に申請者が銀行に預貯金を有している時に取得する必要が出てきます。また、不動産や有価証券を保有している場合は法務局で登記事項証明書(登記簿謄本)や証券会社で有価証券保有証明書を取得する必要があります。

運転免許記録証明書

運転記録証明書とは過去の運転の事故・違反歴を証明するもので自動車の運転免許証を有している場合は取得する必要があります。これは帰化申請手続き上、国籍法第5条1項の「素行が善良であること」の条件を満たしているか否かの判断としても利用されます。

申請前に交通事故等を起こしていなかったとしても申請中に交通事故等の違反を起こしてしまうと帰化許可申請にマイナスの影響を及ぼす可能性が高いので注意が必要です。

運転免許記録証明書は各都道府県にある自動車安全運転センターに申し込み発行してもらいます。山梨県の場合、南アルプス市下高砂825の山梨県総合交通センター内で発行できます。今回の記事が甲府市や甲斐市など山梨県での帰化申請手続きの参考になりましたら幸いです。