ネットショップで稼げる顕在ニーズ商材と潜在ニーズ商材

こんにちは山梨サムライ新聞です。今回は独自ドメイン店(楽天やアマゾンなどのモール以外での販売)に向いている商材やモール販売に向いている商材について書いて行きたいと思います。関連記事としては「ネットショップで稼げる商材の特徴」「ネットショップ経営で重要な仕入れ商材」をご覧ください。

ネットショップの商材

ネットショップ等のお店で扱う商材として色々な分類方法がありますが今回は顕在ニーズ商材潜在ニーズ商材について書いていきたいと思います。ネットショップでは一般のお店と異なり手に取って商品を試したり試食を行う事が出来ません。そのため、売れやすい商材、売りにくい商材、モールに適した商材、独自ドメイン店に適した商材などがあり、商材を軸にショップ構成を考える必要があります。

顕在ニーズ商材

顕在ニーズ商材とは指名買いするような商材の事で具体的にはAKG ヘッドフォンやMTG カードなどがあります。これらは既に「AKG K812」が欲しい!や「MTG オパールのモックス」が欲しいと具体的な商品名で表す事が出来ます。このような商材でさらに一点ものの場合は独自ドメインショップでかなり売りやすい商材となります。

潜在ニーズ商材

潜在ニーズ商材とは購入欲求や目的はあるが要件が明確でない、または自分自身がニーズに気づいていないような商材の事です。潜在ニーズ商材でも顕在ニーズとなり具体的な名称になれば独自ドメインでも売りやすいのですが「薄毛治療」や「春のワンピース」などのキーワードで検索された場合、SEOで上位表示できない限り売りにくいです。

潜在ニーズ商材の場合、独自ドメイン店よりも実店舗やモールでの販売が適しており、SEO対策を駆使して検索結果からショップへ誘導する独自ドメイン店の場合、売りにくいのが一般的です。

潜在ニーズ商材を売る場合、アフィリエイトを使うという手法もあります。またスカルプDのように潜在ニーズ商材を顕在ニーズ商材に変えるブランド名があれば独自ドメインショップでも売りやすいです!!