ネットショップで稼ぐために必要な代金決済方法

こんにちは山梨サムライ新聞です。今回はオンラインショップ(ネットショップ)の決済方法について書いて行きたいと思います。ネットショップではユーザーと直接お金のやり取りを行う事が出来ないため、銀行振り込みやクレジットカード決済等の手法を導入する必要があります。さまざまな決済方法がありますが代表的な決済手法について具体的に見て行きたいと思います。

決済の種類と導入方法

ネットショップにおける決済方法としては以下のようなものがあります。私の運営しているショップでは手数料をかけたくないので銀行振込のみでビジネスを行っています。商材によってはクレジットカード決済が一般的な場合もあり、その場合はクレジットカード決済を導入しないと売上は上がらないでしょう!ただ、クラジットカード決済の場合、最低でも3%程度の手数料が取られてしまうので手数料を加味して値付けする事が大切です。

銀行振込

金融機関の口座に直接振り込んでもらう方法です。最近ではネットバンキングが普及しネットから簡単に振り込みを行う事が出来るようになりました。クレジットカードや代引きなどと比べると決済費用が安く済むため、利益率の取れない商材を取り扱っており、商習慣として現金決済の習慣がある場合、積極的に利用すると良いでしょう!

クレジットカード決済

ネットショップで一番人気のある決済方法です。お客様に取っては非常に便利なサービスですがお店にとっては最低でも3%、高い場合は5%前後の手数料がかかるためその分、値上げをしなければなりません。利益率の低い商材を取り扱っている場合は導入しにくいです。

コンビニ決済

コンビニの利用頻度が高い顧客にとって便利な決済方法となっています。本やフィギュアなど1万円以下の非常に安価な商材の場合、良く利用されています。

代金引換

いわゆる代引きです。配達員が商品をお客様に届けた際、同時に料金も回収する方法です。手数料はクレジットカード決済に比べると安いですが、銀行振り込みに比べると高いです。高額な商材でも活用できる点がメリットとなっていますが、ネットショップ側、購入者側、双方に手間がかかるのがデメリットです。

ネットショップの決済方法まとめ

クレジットカード決済はネットショップで一番人気のある決済手法なので可能だったら入れた方が良いでしょう!ただし、商習慣としてクレジットカードではなく、現金決済を行う事が一般的な商材の場合は無理して導入する必要はありません。決済手法はある程度重要なものですがそこに時間をかけるのならばどのような商材をどれくらいの価格で仕入れてくるかを考える事に時間を使った方が良いでしょう!