パスポート(旅券)とは

こんにちは山梨サムライ新聞です。今回は外国人を雇用する上でも知っておきたいパスポート(旅券)について書いて行きたいと思います。

山梨県の申請窓口
  • 入国管理局甲府出張所(山梨県甲府市丸の内1-1-18 甲府合同庁舎9階)

パスポートとは

パスポートとは入管法(出入国管理及び難民認定法)上、下記のように定められており、日本に入国する外国人は所持していなければならない大切な渡航文書となっています。

パスポートについては日本国内で万が一紛失していた場合等はすぐに在日大使館領事館に問い合わせを行うようにしましょう!

入管法第2条5号

 旅券 次に掲げる文書をいう。

 日本国政府、日本国政府の承認した外国政府又は権限のある国際機関の発行した旅券又は難民旅行証明書その他当該旅券に代わる証明書(日本国領事官等の発行した渡航証明書を含む。)
 政令で定める地域の権限のある機関の発行したイに掲げる文書に相当する文書

パスポートの役割

パスポートの最も大きな役割としては国際旅行用の身分証明書と言う役割を上げる事ができます。具体的には所持人の国籍や人物を証明し、発給国に帰国できる事を約束し、渡航先国に対して入国、滞在についての便宜供与を依頼する国家の公式文書であるという特徴があります。

在留資格の更新や変更における注意点

在留資格の更新や変更(ビザの更新や変更)における注意点としては入国管理局にて在留カードの更新などの申請手続きをする場合にはカード上の在留期限と同時にパスポートの期限もチェックする必要があります。

パスポートが期限切れ間近のものについては自国の大使館や領事館で更新をしてから入管関係の申請手続きを行う事が大切です。

外国人を雇用している法人の場合、外国人社員(従業員)の在留カードの期限と同時にパスポートの期限には注意が必要です。コピーをとる等して会社自身でも管理をするようにしましょう!今回の記事が山梨県でのビザ、在留資格取得の参考になりましたら幸いです。