在留資格認定証明書による上陸手続き

こんにちは山梨サムライ新聞です。今回は日本に上陸する為に必要な手続きである在留資格認定証明書交付申請について書いて行きたいと思います。

山梨県の申請窓口
  • 入国管理局甲府出張所(山梨県甲府市丸の内1-1-18 甲府合同庁舎9階)

在留資格認定証明書による上陸

在留資格認定証明書とは法務大臣による事前の審査によって交付される証明書です。審査の内容は日本に上陸しようとする外国人が日本で行おうとする活動が上陸のための条件に適合しているかどうか等をチェックします。

在留資格認定証明書は就労系の在留資格(就労系ビザ)、身分系の在留資格(身分系ビザ)それぞれによって要件が異なりますので具体的な要件については個別の在留資格の部分で書かせて頂きます。

認定証明書の交付申請が行える人

認定証明書の交付申請は申請人本人や雇用先企業、行政書士弁護士などの申請代理人が申請人の予定住居地又は受け入れ企業等の所在地を管轄する地方入国管理局に行います。

認定証明書の発行から上陸までの手順

在留資格認定証明書が交付された後、まずは原本を本国にいる外国人郵送します。次に日本に在留したいと希望している外国人は認定証明書と各種書類を持って外国にある日本大使館や領事館で査証(ビザ)の発給の申請を行います。認定証明書が既に交付されているため査証(ビザ)の発給は迅速に行われます(数日から1週間程度)。

その後、査証とパスポートを持って船や飛行機等で日本に入国することになります。認定証明書が既に交付されていることから特別な事情が無い限り在留資格が与えられ日本に入国できますが、かならす日本への入国が保証されているわけではありませんので注意が必要です。具体的には交付から入国までの間に犯罪を犯したりした場合は上陸できなくなる可能性がかなり高いです。

また、在留資格認定証明書には有効期限がありますので有効期限内に上陸手続きを行うことが大切になります。今回の記事が山梨県でのビザ、在留資格の参考になりましたら幸いです。