ビザと上陸手続きとは

こんにちは山梨サムライ新聞です。今回は外国人が日本に上陸する手続きやビザ(査証)について見て行きたいと思います。日本へ上陸するためには査証(ビザ)が必要です。

ビザ(査証)とは

ビザとは外国人が日本に上陸する為に必要な要件の1つとされています(査証免除国を除く)。ビザ(査証)は海外に置かれている日本の大使館や領事館において発給され、査証官がパスポートに査証の印を押します。

このように入管法上、ビザを必要とする国の場合、ビザが有効である事が上陸要件の1つとなっており、ビザは上陸時の審査及び許可に必要な文書と言うことができます。

ビザの発給と有効期限

ビザの発給は一般的にその国の外務省の権限とされており、日本の場合も外務省が発給しています。ビザの有効期限については国によって異なり3ヶ月、6ヶ月、1年等が多いです。

ビザの相互免除

中国(中華人民共和国)などではビザが無いと日本に入国する事はできません。しかし、査証(ビザ)相互免除措置実施国ではビザが無くても観光目的や業務打合せなどの短期滞在については日本へ入国する事ができます。なお、査証免除措置は日本において就労する者については適用されていないのが原則です。そのため、日本に上陸し就労をする場合、海外の外国人を雇用する場合はビザ発給を行ってから入国する事が一般的です。

ビザの種類

ビザの種類は外交、短期滞在、一般等の種類に区分されており、入国目的や滞在期間が記載されています。ビザはもっていればどの種類のビザでも良いわけではなく、上陸申請に当たり、上陸目的に合致した査証をもっている必要があります。

例えば留学目的の人が短期滞在の査証をもっていても、その上陸にあたってはその査証は役に立たない査証と言うことになります。日本企業への就職や留学、結婚で日本へ入国する場合、上陸目的に適合した査証をとりつける事が肝心です。目的に合致した査証を持っていて下記の要件に合致すれば日本へ上陸することができます。

上陸手続きとは

外国人が日本に入国し上陸する為には以下の要件に適合している事が必要です(入管法6条など)。以下の要件に適合していれば基本的には上陸が許可され日本に入国する事ができます。

上陸が許可される要件
  1. 日本に上陸しようとする外国人である事
  2. 有効なパスポートを所持している事
  3. ビザ(査証)を必要とする場合は、パスポートにビザ(査証)を受けている事
  4. 上陸の申請にかかる在留期間が法務省例の規定に適合するものである事
  5. 上陸申請時に指紋、写真等の個人情報を提供する事
  6. 入管法に定められた上陸拒否事由に該当しない事
  7. 上陸目的に虚偽が無く、上陸目的が入管法に定められた在留資格のいずれかに該当する事

上陸申請が行われた場合、テロや要注意人物を水際で発見する事ができるよう、特別永住者等を除き、個人情報(指紋及び顔写真)の提供が求められます。外国人がこの個人情報の提供を拒否した場合、上陸は許可されませんので注意が必要です。今回の記事が査証や上陸手続きの参考になりましたら幸いです。