家族3人で帰化する場合の作成書類

こんにちは山梨サムライ新聞です。今回は帰化許可申請について具体例と作成しなければならない書類について書いて行きたいと思います。

家族3人で帰化する場合の書類

今回は帰化の具体例として家族3人「甲さん(Aさん)、甲さんの奥さん(Bさん)、甲さんの10歳の子供(Cさん)」の一家全員で帰化許可申請をするケースについて見て行きたいと思います。

必要書類については甲府地方法務局本局(甲府市丸の内1丁目1番18号)や鰍沢支局(南巨摩郡富士川町鰍沢2543番地4)、大月支局(大月市御太刀2丁目8番10号)で案内してもらうこともできます。

帰化申請の必要書類
  • 「帰化許可申請書」については申請人全員分(Aさん、Bさん、Cさん)、作成する必要があります。
  • 「帰化の動機書」については15歳未満の人は不要なためAさんとBさんの2人分を作成する必要があります。
  • 「履歴書」については15歳未満の人は不要なためAさんとBさんの2人分を作成する必要があります。
  • 「親族の概要を記載した書面」はAさん一家の親族について作成します。
  • 「生計の概要を記載した書面」はAさん一家の生計について作成します。
  • 「事業の概要を記載した書面」Aさんが事業を行っている場合に作成します。
山梨県での帰化申請窓口
  • 甲府地方法務局本局(山梨県甲府市丸の内1丁目1番18号)
  • 鰍沢支局(山梨県南巨摩郡富士川町鰍沢2543番地4)
  • 大月支局(山梨県大月市御太刀2丁目8番10号)

まとめ

帰化申請手続きでは一般的に家族全員で帰化する事が多いです。15歳未満の子供がいる場合や家族に日本人がいる場合は必要書類が変わってきます。今回の記事が甲府市や甲斐市、中央市など山梨県での帰化申請手続きの参考になりましたら幸いです。